こちらのウェブサイトは、スターウッドによるインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の非公開化がどのように同投資法人のポートフォリオの⻑期的な価値を創造し、現在の投資主に有意な価値を還元できるかに関する情報を提供します。

 

スターウッド・キャピタル・グループ(以下、「スターウッド・キャピタル」)は、⽇本の資本市場のマクロ的条件及びオフィス型不動産市場の動向に関する調査に加え、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人に関する詳細な調査を実施しました。その結果、スターウッド・キャピタルは、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人を⾮公開化することで有意な価値創造が可能であり、既存の投資主に対して現在の1⼝当たり純資産額(NAV)を上回る投資⼝価格での売却機会を提供できるとの判断するに⾄りました。 本公開買付けにおける提案は、スターウッド・キャピタルが、その豊富な業界知識を活⽤して、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の保有資産に関して⻑期的な資本的支出を行うことで価値創造ができることに基づいており、かかる価値創造は⾮公開化した形態において行うことが最適であると考えています。

1995-westin-st-francis.jpg

多岐にわたる不動産の知見

⽶国フロリダ州に本社を置くスターウッド・キャピタルは、1991年にBarry Sternlicht⽒により設⽴され、個⼈投資及び機関投資家の資産を預かり、不動産関連資産への投資を⾏っています。スターウッド・キャピタルは、不動産のほぼ全ての分野に世界規模で投資しています。

集合住宅

190,000

ホテル

3,000

物流倉庫

4,500

万平方フィート
オフィス

8,800

万平方フィート
店舗

5,700

万平方フィート
住宅用地

57,000

区画
ローン

3,500

事業会社

40

© 2021 Starwood Capital Group. All rights reserved